accident

HOME交通事故>内容証明

内容証明

内容証明書類作成は、かねこ行政書士事務所にお任せください
さまざまなトラブルを解決する手段の一つとして、内容証明郵便を活用することができます。

内容証明郵便の持つメリット
・送る文書の内容が公的に証明される
・発信の日時が証明される
・配達証明付によって届いた年月日が証明される
・相手に対する心理的プレッシャーをかけることができる
・証拠づくりや相手方の出方をみることができる

内容証明郵便には、上記のような効果があります。
そして、書類作成の専門家である行政書士が十分に考慮して作成された文章は、内容証明郵便の効果を最大限に生かします。
内容証明郵便は、書類作成のプロ、かねこ行政書士事務所にお任せください。
内容証明
内容証明書類作成代行費用
10,500円〜(郵便代別途1,470円〜)

  内容証明書類作成、郵送、郵送後のメール・電話相談がサービスとして含まれます。
  「書類作成代理人 かねこ行政書士事務所 行政書士金子健治」という文言が入ります。
  この一文を入れることにより、専門家が作成した文書として、相手に与えるプレッシャーを増大させ
  ることができます。
  (示談交渉は行なえません。訴訟をお考えの場合は、弁護士を紹介いたします。)
このようなトラブルの際には、内容証明郵便が効果的です!

販売契約をめぐるトラブル
・買主が訪問販売、キャッチセールス等による契約を解除したい(クーリングオフ)
・買主が割賦販売の契約を解除したい
・買主が詐欺を理由に訪問販売の契約を解除したい
・買主が欠陥商品の修理・代替品を請求したい
・買主が商品の欠陥を理由に契約を解除したい
・勝手に送りつけられた商品を引き取ってもらいたい
・マルチ商法、内職商法等による契約を解除したい
・買主が商品が偽物だったことを理由に契約を取り消したい

商取引上のトラブル
・売主が商品の代金を請求したい
・請負人が注文主に対し請負代金を請求したい
・買主が売主の強迫を理由に売買の意思表示を取り消したい
・買主が錯誤を理由に契約の無効を主張したい
債権債務をめぐるトラブル
・支払日を過ぎた借金の返済を請求したい
・支払日を定めていない借金の返済を請求したい
・貸主が保証人に支払いを請求したい
・債権債務の相殺を通知する
婚姻・親権・相続をめぐるトラブル
・婚約を破棄した相手に結納金の返還を請求したい
・婚約を破棄した相手に慰謝料を請求したい
・内縁関係の解消を通知する
・夫の浮気相手に交際の中止を求める
・夫の浮気相手に慰謝料を請求したい
・子供の認知を請求したい
・子供の引渡しを要求する
・子供の養育費の支払を請求したい
・親が子供に生活費の援助を請求したい
・遺産分割の話し合いを請求したい
・相続遺留分の減殺請求をしたい

生活上のトラブル
・交通事故の被害者が加害者に対し、損害賠償を請求したい
・交通事故の被害者が加害者の使用者に対し、損害賠償を請求したい
・交通事故の被害者が運行供用者に対し、損害賠償を請求したい
・被害者が加害者に対し、示談後に出た後遺症の賠償を請求したい
・事故の損害賠償を国や地方公共団体に請求したい
・患者が医療ミスに対する損害賠償を請求したい
・土地工作物の欠陥を原因とするけがの賠償を請求したい
・他人が飼っている動物によって負ったけがの賠償を請求したい
・名誉棄損に対し慰謝料を請求したい
・学校長に対して、いじめ防止のための措置をとるように求める
・生徒が学校での事故の損害賠償を請求する
・子供のいじめ・暴力の阻止を親に求める

会社と社員とのトラブル
・会社が従業員を懲戒解雇したい
・会社が従業員に戒告処分を通知する
・会社が従業員を無断欠勤、就業規則違反等を理由に解雇したい
・会社が試用期間中の従業員を解雇したい
・懲戒解雇の通知を受けた従業員が解雇の無効を主張したい
・従業員が会社に未払賃金を請求したい
・被害者が加害者と会社に対し、セクハラによる慰謝料を請求したい
会社と株主・債権者とのトラブル
・株主が発起人に損害賠償を請求する場合
借地をめぐるトラブル
・地主が借地人に対し、地代を催告する場合

借家をめぐるトラブル
・家主が借家人に対し、家賃の支払を催告する場合

不動産売買をめぐるトラブル
・不動産の売主が買主に対し、売買代金を請求する場合

交通事故

かねこ行政書士事務所

TEL:029-219-4906

FAX: 029-219-4907

〒319-1108 
茨城県東海村村松北二丁目2番23号

定休日:日曜日(お急ぎの方はお電話ください)
(お急ぎの方はお電話ください)

スマートフォンの方はこちら