HOME>車庫証明の基礎知識

車庫証明の基礎知識

車を購入した場合、車庫証明の手続きが必要になります。不要な地域も一部ありますが、茨城県では水戸市やひたちなか市をはじめ、ほとんどの地域で車庫証明が必要となっております。車庫証明の基礎知識をご紹介するので、これから車を購入される予定の方はぜひご覧ください。

車庫の条件

車庫証明は車の保管場所を証明するための書類なので、手続きをする前に車庫を探すことから始めます。車を停められる場所であればどこでも良いというわけではなく、条件を満たした場所でなければ車庫証明は取得できません。
車庫の条件は以下の通りです。

  • ・自動車全体を収容できること
  • ・道路から支障なく出入りできること
  • ・自動車の持ち主の自宅から2キロメートル以内にあること
  • ・自動車の持ち主が車庫の使用権限を持っていること

契約駐車場や自宅の駐車場であればこの条件に引っかかる心配はありませんが、車のサイズが大きいと家の敷地内からはみ出してしまったり、駐車場の高さ制限をオーバーしてしまうことがあるので注意が必要です。

必要な書類

自宅の駐車場や自身が所有する土地を利用する場合と、契約駐車場を利用する場合では必要書類が少し違います。
どちらの場合にも共通する書類は以下の3つです。

  • ・自動車保管場所証明申請書
  • ・保管場所標章交付申請書
  • ・保管場所の所在図・配置図

また、自宅の駐車場を利用する場合は保管場所使用権原疎明書面(自認書)、契約駐車場を利用する場合は保管場所使用承諾証明書がそれぞれ必要になります。

紛失してしまった場合

車庫証明を取得後、紛失してしまった場合は警察署へ行って再交付を受けなければなりません。車庫証明をチェックされることはあまりないので焦る心配はありませんが、忘れてしまう前に手続きを済ませておきましょう。

車庫証明の手続きを行う窓口は平日しか開いていません。仕事の都合で平日は時間が取れない方も多いと思います。
茨城県東海村にあるかねこ行政書士事務所では、車庫証明の代行を行っております。車庫証明の手続きをする時間がないという場合は、かねこ行政書士事務所へお任せください。代行費用や対応エリアの詳細はホームページをご覧ください。