HOME>農地転用で太陽光発電を導入しよう

農地転用で太陽光発電を導入しよう

近年、農業従業者の高齢化や都市部への人口流出などにより、多くの農地が耕作放棄地となっています。
耕作放棄地をそのままにすると固定資産税などのコストがかかり、病害虫の発生や鳥獣被害の増加、周辺農地への雑草繁茂などの悪影響も懸念されます。この耕作放棄地の新しい活用方法として、最近注目を集めているのが太陽光発電です。

従来の耕作放棄地の活用法

従来の活用法はアパート・マンション・駐車場の経営、借地などが主となっています。安定した収入が期待できる一方、辺鄙な土地だとアパートなどの経営に不向きな場合も少なくありません。ところが太陽光発電の場合、辺鄙な土地でも日照量が多く広さがある、周辺に日差しを遮る物体がない、土地が平坦などの条件が揃っていれば、太陽光発電の設置が可能なのです。

農地転用と太陽光発電が注目される理由

農地への太陽光発電の設置が注目されるようになったのは、農地法の規制緩和が大きな要因となっています。
これまでは国に農地転用申請を提出し、許可を得てから太陽光発電を設置する必要がありました。
しかし、許可を得るまでには時間や費用がかかり、さらに許可が下りないケースも珍しくはありませんでした。
それが規制緩和を受け、農地転用手続きなしに、届出だけで一時許可の取得が可能となったのです。

農地転用による太陽光発電のメリット

農地を利用した太陽光発電のメリットは、先述した耕作放棄地の再利用以外にも多々あります。
例えば太陽光発電の固定買取による経済的なメリットが挙げられます。日当たりの良さがウリの農地は、一般住宅などに比べて高い発電効率が期待でき、安定した売電収益の確保にも繋がります。他にもグリーン投資減税などの税負担の軽減、営農との両立、地球環境にやさしいなどのメリットがあります。

農地転用許可を申請せず、無断で農地を転用または売買などをすると、罰則を科せられることになります。
農地を正しく有効的に活用するためにも、必ず農地転用手続きを行うことが大切です。

茨城で農地転用をお考えの際は、かねこ行政書士事務所までお気軽にお問い合わせください。
専門的な知識を有する行政書士が皆様をサポートさせていただきます。